Tシャツのプリント

オリジナルシャツを着た女性

クラスTシャツは、クラスをひとまとめにするのに大きな役割を発揮します。
高校や大学でTシャツを作成するだけでなく、大人になってもイベント等でTシャツを発注するということは多いです。
オリジナルのTシャツを作成したい場合、業者に依頼することが一番早く確実です。
業者にTシャツ作成を依頼する場合、どの程度のTシャツをどの期間まで作成する必要があるのか考えることが大切です。
また、Tシャツのデザインを自分である程度作成し、プリントだけ依頼するのか、それともデザインも依頼するのかによって納期や料金が異なります。
デザインによっては、刺繍やシルクスクリーンか等技法も考えていく必要があり、その技法によっても値段が変動していきます。
ある程度の構想を固め、業者に依頼していくことが大切です。

一番一般的なウェアプリントは、シルクプリントと呼ばれる手法です。
1色ごとに版作成を行い、Tシャツの生地に直接インクを刷り込んでいく方法です。
耐久性があり、多彩なインクカラーで多くの表現を作ることが出来ます。
一般的に販売されているTシャツの多くは、シルクプリントで作成が行われています。
プロが作成したような美しい仕上がりが期待できる手法です。
また、オプションを付けることにより、ラメや金銀をプリントすることもできます。
また、4色分解という手法では写真なフルカラーイラストが再現できるので、写真のようなプリントを行いたい方に向いています。
使うインクを変えることにより、蓄光プリントと呼ばれる手法を使用し、光を吸収して暗闇で光るプリントを作ることも可能です。

プリントで個性を

オリジナルシャツを着た女性

クラスTシャツを作る場合は、プリントのデザインはもちろんのこと、Tシャツの生地を考えていく必要があります。Tシャツの生地によってはできないプリントのものもあり、生地の色や素材によってプリントを考えていきます。

Read more »

タイムリミット

オリジナルシャツのイメージ

クラスTシャツを作る場合、納期も重要なポイントです。せっかく作ってもイベントに間に合わなければ意味がありません。納期は業者のホームページや電話で確認することができます。

Read more »

見積で予算確認

オリジナルシャツを着た女性

クラスTシャツを作る場合、インターネット上で見積もりを出してくれる業者もあります。ラインストーン加工や、刺繍等特別な装飾にも対応してくれるところがあるので、見積もりをお願いすることで予算の検討が付きます。

Read more »

テンプレート確認

オリジナルデザインを作成

クラスTシャツのデザインがどうしても決まらないという場合、業者の方でテンプレートを準備してくれるところがあります。その中から好きなデザインを選ぶことにより、早く仕上がることもあります。

Read more »